現在段階的にサイトのリニューアル中です(旧サイトデザイン)。
2024年6月中にはリニューアルを完了する予定です。

FAQ よくある質問

Accessibility ⁄ ウェブアクセシビリティ

ウェブアクセシビリティはどこまで対応したら良いですか?
ウェブアクセシビリティの義務化については「合理的配慮」が義務化なので、すべての対応が必須ではないです。

多くの方が利用されるホームページの場合は必ずご検討いただければと存じます。
フライング・ハイ・ワークスでも各項目を確認し、ユーザー配慮が必要な機能については都度、クライアント様のご意向を確認して進めて参ります。

よく実装している例としては
●自動スライド
 停止ボタンを設け、ユーザーが動きを選べるようにする(またはしない)
●動画設置
 映像音声だけでなく、動画の内容をテキストでも表示する(またはしない)
●配色
 適切なコントラストを設けるかどうか
●テキストサイズ
 ユーザー特性を鑑み、どの程度読みやすくするか
などです。

……………………………………………………■参考記事
ウェブアクセシビリティの義務化について
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/202310/2.html


民間事業者の合理的配慮が義務化されます
令和3年(2021年)に、障害者差別解消法(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)が改正され、国や地方公共団体などに義務付けられている合理的配慮の提供が、民間の事業者も義務化されることになり、令和6年(2024年)4月1日に施行されます。

……………………………………………………■対応内容
●JIS X 8341-3:2016 達成基準 早見表

動画にはセリフのテロップを入れる、手話の動画も添えるなど、高いレベルで対応するには工数がかかる項目も含まれています。

………………………………………………………………
●最低限の対応としてウェブアクセシビリティ方針の作成が必須
例:https://www.cao.go.jp/notice/accessibility_guidelines.html

流山市ホームページ基本方針・ガイドライン がわかりやすかったです。
https://www.city.nagareyama.chiba.jp/site/1013911/index.html
ページトップへ