Internal & External SEO
内部SEOと外部SEO

弊社の現状

下記は、弊社のサイトが上位表示されやすいキーワードです。
弊社のサイトは、2000年に公開を始め、現在に至りますが、何度かの変遷を経て、また、少しずつチューンアップし、コンテンツを増やし、下記のような結果を得られるようになりました。
下記の結果は、実は、前回のGoogleのアップデートにより、全体的にスコアが落ちたのですが、様々な調整をしていくことで、少しずつ回復してきたものです。
SEOは、非常に繊細なところがあり、時間をかけていくことで、上昇させていくことは可能であることを実感しています。

1位「 ホームページ実績
1位「ウェブサイト制作
2位「ホームページ制作
2位「Webサイト制作
3位「ホームページ制作会社
4位「ホームページ制作会社 東京
7位「Web制作会社 東京
8位「ホームページ制作 東京
2018年10月3日現在

※上記の結果は、お客様のWebサイトのキーワードランキングを上げることを保証するものではありません。
※順位は、お客様のブラウザに依存する場合があるため、必ずしも同じ結果になるとは限りません。
※順位は、SEOツールラボの「GRC」によって計測し、Googleにおける結果を表示したものです。

内部SEOと外部SEO

SEOは、ご存じのとおり、ユーザからのアクセスを獲得するために、サーチエンジンでより上位に結果を出すための手法です。
このSEOには「外部SEO」と「内部SEO」の二つの方法があります。
「外部SEO」は、SEO業者といわれる専門の企業に委託して、その効果を得ます。
一方、「内部SEO」は、一般的には、そのWebサイトを管理するWeb制作会社か、SEO業者の紹介のWeb制作会社が担当することになります。

弊社は、複数の仕様の「内部SEO」の対応を行ってきています。
従って、「外部SEO」のためでなくとも、単に内部SEOとしての親和性の高いコーディングを実現できます。

お客様に最適なキーワードを選定し軸とする

「内的SEO」の対応は、単なる技術の問題ではありません。
そこには、お客様の深い理解をベースとしたコンテンツの理解が必要です。
私たちは、当たり前ですが、お客様のビジネスを理解することからはじめ、だからこそ、丁寧なマークアップが可能となるのです。

今は、昔のようにテクニカルに上位に上げていくことは難しくなってきました
基本に立ち返り、しっかりコンテンツを作り、ユーザを裏切らないWebサイトを作ることが最上のSEOということになるともいえます。

Webサイトを立ち上げてからも、Webサイトの成長のために、お客様のサポートをさせて頂きます。

外部SEO

コンテンツ作りがSEOの基本といえど、Webサイトの成熟には、時間が必要です。

短期的な成果を上げていくことも、ビジネスにとって不可欠です。
そのような場合には、外部SEOの検討は、不可欠だと考えます。
とはいえ、その技術も簡単なものではなくなってきました。

弊社でも外部SEOのご相談、ご依頼を受け付けておりますので、ぜひご検討ください。

ご相談頂いてからキーワードの選定を含め、原則、5営業日程度でお見積もりを提出いたします。

ページトップへ