絵を描くのが楽しくなる!デジタルイラストソフトのご紹介

 

WEBデザイナーといえど、たまにちょっとしたイラストを描く必要がある時ってありますよね。

イラストレーターさんにお願いするほどでもない、小さなイラストだったり、図版だったり…
他に、趣味の一環で絵を描きたいけど画材揃えて〜と一からやるのがちょっと面倒くさいとか。
せっかく私たちはPCという便利なものを日常生活の中で使っています。だったら絵を描くのもパソコンで描いてみるのはいかがでしょうか。
そんな時に使えそうなソフトを2つ紹介いたします。

CLIP STUDIO PAINT

CLIP STUDIO PAINT公式サイト
株式会社セルシスより発売されている、イラスト・漫画、ちょっとした3Dやアニメーションもいけるかなりハイブリッドなソフトです。
大手メーカーのペンタブレットの同梱ソフトにもなっているので、デジタルで絵を描きたい人なら皆選択肢の一つに入るかと思います。
イラストレーションのみならCLIP STUDIO PAINT PRO 5,000円(ダウンロード版)、漫画をがっつり書きたい・アニメーションもいろんなことしたいならCLIP STUDIO PAINT EX 23,000円(ダウンロード版)と、使い込む程度に合わせて価格を抑えられたりするので、無料ソフトはちょっとサポートとか不安…でも高すぎるのは…みたいな方も初期投資としては悪くない金額感かと思います。
筆者も最初、無料体験版→PRO→EXと上げていったクチなので、気に入ったら上のグレードにするので良いかと。(PRO→EXは優待セールがあったりするのでもう少し価格抑えられます)

CLIP STUDIO PAINTの良いところ

・綺麗な主線が描きやすい
デジタルでを書き始めた人が初期にぶつかる壁として、主線が思った通りに描けない!ってことあると思います。
ペンタブに慣れていないので線がよれるとか、強弱がうまくつかなくて単調な線になってしまうとか…
CLIP STUDIO PAINTはイラスト特化なツールなので、主線が非常に綺麗に描けます。
アナログのペンで描くように、「入り」や「抜き」の表現に強く、強弱がつけやすいです。
さらに、ベクターレイヤーで主線を描くと、まるでIllustratorのパスと同じ感覚で、後からつまんで線を移動させたり、太さを変えたりできるので便利です。

・ペンやブラシの素材が豊富
デザイナーの皆さん使い慣れてるおなじみのPhotoshopで、ブラシの配布ってしてますよね。
あれと似た感じで、色んなユーザーさんが作り出した素敵なブラシ素材のダウンロードができます。
背景が寂しいから賑やかしにキラキラを飛ばしたいとか、ちょっとしたお花とか散りばめたいとか、いちいち描くの大変だしむしろ描けないよ!みたいな方でも、配布素材の力を借りると、かなり楽ができます。
無料のものから、有料のものまであるのでかなりたくさんあるので、見てるだけでなかなか楽しいです。
ブラシは選べば、水彩、油彩、アニメ塗りも多彩な表現が可能です。

・ユーザーが多いので情報収集が楽
利用率No1はさすがです。とにかく使ってる方が多い。ユーザー間で質問しあえる掲示板も充実しているため、何か困ってることや使い方がわからなくても質問すればほぼ答えが見つかります。
プロのイラストレーターさんも愛用しているソフトなため、メイキング本も色々発売されており、書店でも手に取れるため、あの人どうやってこの絵描いてるの?となった時も答えが見つかりやすいのは強みではないでしょうか。

SAI

SAI 公式サイト
前述のCLIP STUDIO PAINTと双璧をなす、有料ペイントソフトです。
こちらもユーザー数が多く、有名なソフトです。1ライセンス5400円となっており、価格的にも近いです。
CLIP STUDIO PAINTより前に発売されたこともあり、共通している機能もあり(こちらの方が色々シンプルですが)、両方使ってる方も多いのではないかと思います。

SAIの良いところ

・主線が描き味が良い
CLIP STUDIO PAINTよりSAIで主線を描く方が好きという方も見かけるくらいには、SAIの強みは主線描画にあるのではないでしょうか。特にSAIの鉛筆ツールの書き味は「これがないと!」と思わせるものがあるらしく、他のペイントツールに移行しても、SAI風ペンをわざわざ再現して使ってらっしゃる方もいます。ベクターレイヤーも使えるので、後々の編集もしやすいです。

・動作が軽い
デジタルの宿命とも言えると思いますが、こう言ったグラフィック系のソフトは重くてもっさりしがちです。
SAIは良い意味で少機能なため、動作が軽く、スペックがさほど高くないマシンでもそこそこ快適に作業ができます。
その分、テキスト入力ができなかったり、フィルターがかけられなかったりなど、少機能が故のデメリットもありますが、長時間になりがちなイラスト制作作業において、動作が軽いのは大きなメリットではないでしょうか。

・機能がわかりやすく、シンプル
CLIP STUDIO PAINTが多機能でイラスト以外にも色々なことができる分、使いこなせてない機能がたくさんある方も多いのでは。
SAIはシンプルでイラスト特化のため、デジタルイラスト初心者にも使いやすく優しいと言われています。
色々ありすぎてごちゃごちゃするくらいなら、よく使う必要な機能のみの方が扱いやすいですね。
こちらのソフトもユーザーが非常に多いため、WEBで検索すればメイキングもたくさんあります。

まとめ

代表的な有料ソフト2点を紹介いたしました。
Photoshopでもいいじゃない!と思うかもしれません。もちろんPhotoshopでもイラストは描けますし、実際に素敵なイラストを描いている方はたくさんいます。しかし、それなりに高度なスキルを求められるため、まずは専用ソフトから始めると、デジタルイラストがぐっと身近になり、楽しくなるはずです。
絵を描きたいと思ったら、まずはこれらののソフトの無料体験版で楽しんでみてはいかがでしょうか。

保存