無料ツールはここまで来た!Photoshop代わりに使える画像ソフト

 
Pocket

今や画像の編集において最も有名なツールと言っていい「Photoshop」。プロ編集者から一般ユーザーまで、世界中で活用されています。

 

しかし、Photoshopのソフトを手に入れるには、ソフト単価の場合でも26,160円、年間プランでも月々2,180円の費用かかるため、少しの間だけ手軽に画像の編集を行いたい場合は躊躇してしまうこともあるかも知れません。

 

そこで今回は、インストールせずにサイト内で画像編集ができる無料のPhotoshop代替ツールを紹介します。

 

ちょっとデザイン調整したい時に便利!オススメ無料画像編集ソフト9選

 

①Photoshop Express Editor(フォトショップエクスプローラーエディター)

http://www.photoshop.com/tools

 

Photoshop Express Editorは、Adobe社が公開した、ブラウザで簡単に画像編集できる無料のWebアプリです。オンライン上だけでなく、iOSやAndroid対応アプリも公開されています。

 

本家のAdobe Photoshopの画像編集機能を使えるのが最大の魅力です。その上、シンプルで綺麗にレイアウトされたインターフェースにより、初心者でも操作に迷うことなく使いこなせます。

 

プラウザで手軽に使用でき、インストールソフトと比べての遜色ない処理速度で、動作が軽快なのも嬉しいポイントです。

 

②Sumo Paint(スモーペイント)

http://www.sumopaint.com/home/

 

Sumo Paintは、オンライン上で利用できるクラウド型画像編集ツールです。アカウント登録が不要なので、すぐに使うことができます。

 

ブラウザで画像を開いてブラシを使用したレタッチを行うことができ、真っ白なキャンバスに直接描くことも可能なブラシや描画ツールが豊富に備わっています。

 

それに加えて、レイヤー機能の使用やフィルタ機能の充実ぶりにも目を見張ります。画像の回転・反転・トリミング・リサイズを行うことができ、このツール一つでほとんどの作業に取り組むことが可能なのです。

 

③Pixlr(ピクサー)

https://pixlr.com/

 

Pixlrは、オンライン上でいつでも利用でき、画像編集や描画機能を豊富に備えた無料Webアプリです。 Photoshopに似たインターフェースとなっており、フィルターやペイントブラシの種類が豊富です。さらに、写真上の不要な部分を消去するのに使用するクローンスタンプや、テキストを重ねるのに便利なレイヤーなど、多くの機能を備えています。 ローカル環境から写真を読み込んで編集することもできるので、ちょっとした画像の編集・補正をしたい時にオススメです。

 

④PicMonkey(ピクモンキー)

http://www.picmonkey.com/

 

PicMonkeyは、オンライン上で写真加工を行うことができる画像編集ツールです。とてもシンプルなインターフェースなので、初心者でも使いやすく、気軽の利用できます。 基本的な画像サイズやカラーバランス、コントラストの調整ができ、写真の雰囲気を変えるTranquilやDusk、スピード感あるFocal Zoomといった約40種類ものエフェクトを備えています。

顔写真の補正においてのコメントや背景の挿入をできるのも特徴としてあり、操作が手軽にできるのにも関わらず、本格的な画像編集を行えます。

 

➄PIXER.US(ピクサスアス)

http://pixer.us/ 

 

PIXER.USは、プラウザベースで動く画像編集ツールで、簡単な機能だけに集約されています。画像のトリミングや回転、コントラストや彩度の調整が簡単に行えます。

 

用意されている11個のフィルターもボタン一つで簡単に実行できるといったように、画像編集に最低限必要な機能だけが備わっているので、使いたい時に使用できる手軽さが丁度良いです。

 

⑥PicMagick(ピクマジック)

http://www.picmagick.com/ 

 

PicMagickは、オンライン上で手軽に利用できる画像エディターです。6つの基本機能と5つのエフェクトが簡単に利用でき、本格的に画像を作成するというよりも、ちょっとした補正などに威力を発揮します。

画像のトリミングで予め比較を設定することができ、縦横比を保ったままのトリミングが可能です。エフェクトに関しても、画像のシャープ化やソフト化、カラーにおいてはセピア色やグレースケールもボタン一つで簡単に処理することができます。

 いくつか用意されたメニューを選択し、プレビュー画面を見ながら適当に調整して完了という簡単操作が一番の魅力です。

 

⑦Canva(カンバ)

https://www.canva.com/ 

 

Canvaは、よりシンプルにデザイン制作をできるように考えて作られたクラウド型画像編集ツールです。特定のテンプレートは、キャンバスにドラッグ&ドロップするだけで利用できます。 

さらに、お金はかかってしまいますが、1ドル(日本円で約120円)で検索可能なプレミアム画像のライブラリーがあり、他の有料画像サイトよりも安く利用することができるのです。

ユーザーは、トータル100万画像と何百ものフォントから選択可能になります。 そして、作成したデザインをオンライン上に公開したり、世界中のデザイナーとのコラボレーションが実現したりと、クリエイティブな機能が満載なのです。

 

⑧FotoFlexer(フォトフレクサー)

http://fotoflexer.com/

 

FotoFlexerは、プラウザベースでパワフルかつ簡単な操作を可能とした無料の画像編集ツールです。機能としては、画像のリサイズ・トリミングや回転・反転から、コントラスト、カラー調整、ブラシを使用したカラーレタッチなど、豊富に備わっています。

直前の操作を取り消すアンドゥやリドゥの機能も付いているので、もし画像を加工する際に間違ったとしてもやり直すことができます。

ブログ用にUPする画像のちょっとした編集は難なくこなすことができ、人によってはFotoFlexerさえあれば他の画像編集ソフトはいらないくらいの完成度の高さを誇っています。

 

⑨Polarr

https://v2.polarr.co/ 

Polarrは、超お手軽に写真編集ができる上に、デジタルカメラで撮影した画像を多彩なフィルターや詳細な設定によって美しく加工できる、無料の写真編集ツールです。

「少し写真の明るさを変えたい」「色彩を鮮明にしたい」といった時に簡単で素早くできる手軽さがウリです。

 

画像の色合いが数多くパターン化されて画面左に表示されるので、どれか選んで明るさの数値を動かせば簡単に編集し終えるので、初心者でもすぐに使いこなすことができます。

 

まとめ

どの画像編集ソフトも無料でありながら、操作の手軽さと本格的な機能が備わっていることがおわかりいただけたのではないでしょうか。 画像の編集が必要な状況に応じて、自分に合った無料ソフトを活用していきましょう。

Pocket