FHW BLOG仮

FHWブログトップ > Photoshop > コーダーTIPS > 【コーダーのための時短テク】Photoshopで複数のスライスをまとめて入れる

DATE : 2010.3.19

【コーダーのための時短テク】Photoshopで複数のスライスをまとめて入れる

yukaring

  • はてなブックマークに登録
  • Yahoo!ブックマーク
  • Google Bookmarks
  • livedoor クリップ

今さら初登場のコーダーyukaringです。

【コーダーのための時短テク】と題して、コーディングのスピードを上げるテクや便利ツール をご紹介していきます。

本日はPhotoshopのスライスの便利な使い方をご紹介します。

通常、スライスは [スライスツール(K)] でドラッグして入れますが、複数のスライスをまとめて入れたいときは、[レイヤーに基づく新規スライス] を使います。

テキトーな例ですみません...

howto1.gif

それぞれのオブジェクトはレイヤーを分けてあります

スライスを入れたいオブジェクトが描画されているレイヤーをすべて選択します


toolbar.gif

[レイヤー][レイヤーに基づく新規スライス]
をクリック


howto2.gif

すべてのオブジェクトにぴったりスライスが入りました!


***

userteigi.gif

「レイヤーに基づく」スライス(レイヤーベーススライス)なので、ユーザーが手動でサイズや位置を変えることはできません。また、レイヤーを削除するとスライスも消えてしまいます。

微調整したいときは、[スライス選択ツール] にして、変更したいスライスを選択
右クリックで [ユーザー定義スライスに変更] をクリックすると通常のスライスになります。


ドロップシャドウなどのレイヤースタイルも含めてぴったりスライスできるから便利!
何より複数のスライスを一気に入れられるのが最大の利点です。

格段にスライスのスピードが上がります!
ぜひお試しください。


コメント(3)

まじで、知らんかった。
こりゃ便利だわ。 結構地味な努力してきたんだけどな~ 笑
ありがとうございます、良いこと教えて頂きました。
ありがとうございます。 今、スライスをどう高速化すれば良いのか
調べていてこのページを見つけました。 これは助かります。
最近の記事一覧
最近のコメント一覧
カテゴリ一覧

コーダーTIPS

ディレクターの・・・

デザインTIPS

アーカイブ

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

タグクラウド

HTML5実践

Powered by Movable Type 5.02

最新実績